東北随一の巨像
普門坊本尊 馬頭観音





普門坊本尊馬頭観音様は、身の丈2メートルの大迫力!馬頭観音様として東北随一の巨像です。
造立には諸説あって、歴史のベールに包まれた仏様です。
平安時代、兵馬の訓練に熱心であった卯の花姫(安部貞任の娘)が夢に見た馬頭観音様を元にした説。
鎌倉時代、羽黒の僧運慶によって造られた説。
鎌倉時代、笠間時朝の発願より造立の説。大きさや衣が酷似していて、笠間氏の六観音では…という声も!